介護保険について簡単にまとめ

今回は、障害年金を受給している方の中には、介護保険からのサービスも必要な方もいらっしゃると思い、書いてみることにしました。

 

介護保険は、65歳以上の第1号被保険者と、40歳以上65歳未満の第2号被保険者に分かれます。
介護認定を受けていれば、2段階に分かれた「要支援」と5段階に分かれた「要介護」の給付をうけることができます。

特定疾病なら40歳代でも

ただし、第2号被保険者、すなわち、40歳以上65歳未満で介護給付が受けられるのは、以下の特定疾病が原因のものに限られます(逆からみれば、40歳以上で特定疾病に該当すれば介護給付を受けられるということです)。

 

特定疾病とは、簡単にいえば、年を取ることに伴って生じてくる心身の変化が原因となる疾病のことです。加齢との関係が認められる疾病となっています。65歳以上の高齢者に多くみられる病気であるものの40歳以上65歳未満でも発生が見られる疾病です。さらに、3から6ヶ月以上継続して介護状態になるような疾病ということになります。

 

特定疾病については、疾病名が列記されているので、それをみたほうがわかりやすいかと思います(介護保険法施行令第二条)。ただし、この特定疾病になっていると認定されるのは、主治医が書いた意見書などを元に、介護認定審査会で確認がなされてから、となります。

 

  1. がん【がん末期】
    (医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態であると判断したものに限る)
  2. 関節リウマチ
  3. 筋萎縮性側索硬化症
  4. 後縦靱帯骨化症
  5. 骨折を伴う骨粗鬆症
  6. 初老期における認知症
  7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、パーキンソン病
  8. 脊髄小脳変性症
  9. 脊柱管狭窄症
  10. 早老症
  11. 多系統萎縮症
  12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症
  13. 脳血管疾患
  14. 閉塞性動脈硬化症
  15. 慢性閉塞性肺疾患
  16. 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

脳血管疾患や糖尿病に起因する疾病などは、比較的40代、50代でもいることでしょう。

 

介護保険申請から認定の流れ

本人の住む市区町村の介護保険課の窓口で申請をおこないます。申請できる人は本人または家族となっていますが、地域包括支援センター、居宅介護支援事業所や介護保険施設に頼むこともできますので、まずは相談してみてください。

 

必要書類は介護保険要介護認定・要支援認定申請書、介護保険被保険者証(40歳から64歳の方の場合は医療保険の被保険者証)です。介護保険被保険者証は65歳になったら、自動的に送られてきますが、40歳以上65歳までの方は申請で必要になった時に、交付されます。65歳以上の場合、介護保険の認定を申請する時に介護保険被保険者証が見当たらないことがありがちです(健康保険の被保険証は紛失することは少ないでしょうが、介護保険の被保険者証はありがちです)。その場合は再交付の手続きのことを介護保険の窓口に聞いてみてください。

 

介護保険の申請をした後、訪問調査があります。訪問調査は本人の状態を把握するため、担当者が自宅や病院等を訪問し、日中の生活や居住環境などについて聞き取り調査を行います。調査時はできるだけ家族も立ち会うようにしたほうがいいです。

 

認定調査、特記事項、主治医の意見書をもとに、一次判定をして、その後、専門家で構成する介護認定審査会で介護が必要かどうか、またどの程度なのかを判定します。認定の結果は申請から原則30日以内に届くことになっています。

 

認定は介護度に応じて、自立(非該当)、要支援1もしくは2、要介護1~5で認定されます。要介護度に応じて、利用できるサービスや介護保険で認められる月額の利用限度額などが違ってきます。

 

要介護(要支援)と認定されるとケアプランに基いて、原則1割の負担で介護サービスを受けることができます。1ヶ月の利用限度額が決められ(単位となっています)、それを超える部分は自費となります。

 

なお、非該当(自立)と認定された場合は介護保険のサービスを受けられませんが、市区町村が行う介護予防・日常生活支援総合事業を利用することができます。

 

支給限度額と平均費用など

参考資料:厚生労働省の平成27年介護給付費実態調査(5月審査分)を基に作成されたもの

「要介護度別の支給限度額と平均的な利用率」

  支給限度額 受給者一人あたり平均費用 支給限度額を超えている人  利用者に占める支給限度額を超えている人の割合
 要支援1  50,030   19,695  1,034  0.2
 要支援2 104,730  35,879  529  0.1
 要介護1  166,920  70,771  8,355   1.0
 要介護2  196,160  98,464  16,858  2.2
 要介護3  269,310  148,145   7,863  1.7
 要介護4   308,060  180,352  7,490  2.4
 要介護5   360,650   223,054  5,861  2.9